祭りのご紹介

神農祭(しんのうさい) 大阪市・大阪府

少彦名神社(すくなひこなじんじゃ)の薬祖講(やくそこう)行事

文政5年、コレラが大流行したとき、道修町で薬種問屋が新丸薬をつくり、張子の虎を神前に供え、疫病祈願をこめたことから始まる。例祭には厄除けの笹につけた張子の虎が授与される。

分 類
厄除祈願
開催地
大阪市中央区道修町2-1-8
開催時期
11月22・23日
連絡先
少彦名神社 06-6231-6958
アクセス
大阪市営地下鉄  堺筋線「北浜」駅 4番・5番出口 徒歩 3分
御堂筋線「淀屋橋」駅 11番出口 徒歩 8分
ホームページ
保護団体
少彦名神社薬祖講
備考(文化財)
市指定無形民族文化財